2018年1月11日木曜日

5 江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想

  江戸川柳 色は匂へ 「ほ」 惚れる 

  ほれたとは女のやぶれかぶれなり

 貝原益軒の女大学が幅を利かせていた時代に、女の美徳として女から「惚れた」というのはよほどの覚悟がいる。

 現代でも女性の方から告白するときは、男性の方にそれなりの態度があってのことであり、これで男性が逃げていけば大変なことになる。男は覚悟しなければならない。

「やぶれかぶれ」の生活がもうそこまでせまっている。怖いことである。

 

  棒の手を見せるが客へちそうなり   見事な麺棒さばき

 家の親父さんは手打ちうどんや手打ちそばはプロ並みであった。地方公務員にしておくのはもったいない腕を持っていたが腕を生かさないままに終わった。それもいいか。

  そばを打つ音もちそうの数に入り   音がちそうになるのは少ない。

  棒の中めんぼくもなく酔は醒め    辻番や自身番の棒ではね。


  棒ほどの事針ほどに母かばひ     棒大針小の母心、いいね。



  いろはカルタ 「ほ」 江戸と上方

 骨折り損のくたびれ儲け(江戸)

『むだに骨をおるばかりで、まったく効果のないこと。』

テレビのニュースで、日本人の傾向を表す思考パターンをよく見かける。事故や事件が起きると、責任者が「二度とこのようなことが起こらないように万全を尽くして・・・」と、決まり文句を発表する。

日本人は、事故や事件が起こってから、その原因を本格的に追及していく姿勢を示し、とどのつまりは関係者の中の一人に責任を取らせて、それでけりを付けようとする。

このような事例は、私たちの身辺で日常茶飯に経験することである。

教育現場においてもそのような事例が多い。危険な遊具や不健全な遊びの問題がそれである。
吹き矢、ゴム銃など危険な遊具が、店から売り出され、児童・生徒の聞に流行し、行き渡って、事故が起きてから、危険遊具として禁止の通達が流れてくる。

  仏の顔も三度 (上方)

〖仏の顔も三度撫でると腹をたてる。いかに無邪気の人、慈悲深い人でも、たびたびの侮辱には憤ることがある。〗

 「それを言っちゃあおしまいよ」と言いながら、同じ失敗を何度でも繰り返す寅さんは愛すべき男である。

 しかし、身内にこのような男がいると大変だろうなあと思う。寅さんに近い人物はどこの身内の中にも一人ぐらいはいるものだ。

 孔子は、「それ恕(じょ)か。己の欲せざるところは人に施すことなかれ」と弟子たちに言っている。自分にしてほしくないことを人にしてはいけない。この言葉は生活していくうえでの一つの指針になる。

 「それを言っちゃあおしまいよ」「それをやっちゃあおしまいよ」とつぶやき、「己の欲せざるところは人に施すことなかれ」と内省しながら一日を過ごしている。

 今、安定している。

2017年12月31日日曜日

4 江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想

  江戸川柳 色は匂へ 「に」 二むらい 

いい妹もって二むらい様になり

<落語,妾馬> 妹が器量よしだったおかげで、大名赤井御門守の目に留まり、妹のおつるが側室に上がって、更に世継ぎの生母となる。兄の八五郎が屋敷へ招かれてお上の御意にかない士分に取り立てられ岩田杢左衛門蟹成となる。

江戸も終わりに近づくと、「色と金」で士分が自由になったようである。

長屋の八五郎、サムライに取り立てられても心得も教養もとてもとてもサムライには程遠い。そういう俄侍のことを江戸の庶民は侮って二むらいといった。

しかし、当の八五郎は大得意で長屋じゅうをかき乱すことになる。

兄にて候者へ大小をねだり

ある夜のむつごとに親へ五人扶持

                   孝行娘が多かったようである。



  二かいから落ちた最期のにぎやかさ   ガラガラどしん

二階から落ちて最期を迎えるのは大変な騒動の中で息を引き取ることになる。静かに湿っぽく息を引き取るのとは大違い。大変だよね。

  二階から小便せぬでかどがあり    ごもっとも

吉原の遊女の部屋は二階にあるのでトイレも当然二階にあった。したがって二階で小便をして初めて一人前になると。角も取れて一人前の社会人となる。江戸の男社会の身勝手な常識になっていたようである。

  二階から招くとは嘘しがみつき    生活がかかってるんだよね

「吉田通れば二階から招く、しかも鹿の子の振袖で」と歌われた吉田(現在の豊橋)は、東海道では御油(ごゆ)、赤坂とならび出女の多いところで、二階から招くどころか直接行動でしがみついて引きずり込む。

出女=江戸時代各地の旅籠(はたご)に居た売春婦。おじゃれ。
おじゃれ=おじゃるの命令形。呼び込みの語、江戸時代旅人宿の下女で客引きをした。売色などもした。
御油=愛知県豊川市にある東海道の宿駅。
赤坂=愛知県宝飯(ほい)郡音羽町、東海道五十三次の一つ

江戸封建社会の一部の女性の生き方には基本的人権などはなかった。一部の女性だけではない大多数の人も基本的人権などはなかった。

幕藩体制に背くものは容赦なく抹殺されていった。キリシタンの処刑や農民の訴訟における越訴なども処刑の対象になっていた。農民一揆でどれだけの日本人が殺されたのだろうか。

江戸封建社会の事実を確りと学習しなければ民主主義社会の問題もとらえることはできない。


  いろはカルタ 「に」 江戸と上方

  憎まれっ子世にはばかる(江戸)

『他人に憎まれるものはかえって世間で幅をきかしている。』

今は昔、腕白でもいいたくましく育って欲しい。というCMが、テレビから流れていたが、これこそ本音の親の願いである。
そして、実際に腕白小僧はたくましく育ったものだ。

ところが、現在は腕白小僧が見当たらなくなった。なぜかひ弱な子どもが目に付く。ひ弱な彼らは、中学生の思春期頃、突如として変身を始め、中には非行へと走っていく者もいる。集団非行によって世間に幅を利かせようとする。

カルタに読まれた真の憎まれっ子は、ほとんど見当たらなくなったような気がする。

江戸の庶民は、本当は世にはばかる奴は憎まれると言いたかったのでは。

  二階から目薬(上方) 

二階にいる人が階下の人に目薬をさすように、思うように届かないこと、効果がおぼつかないこと。〗

 お役所仕事の改革はまさに「二階から目薬」で、改革の成果のほどはまったくおぼつかない。

 あれほどの大きな採用にかかわる汚職事件を起こしたにもかかわらず最高責任者の責任はまったく問われなかった。

 そのこと一つとってみても公的な組織の実態が理解できる。もっとも、あらゆる分野の県民が大勢関わっての事件で今更のことでもない長い歴史の中でのことであるから、このことを問題にすると教育界だけでなく、「自治体」が吹っ飛んでしまいかねない。

 なんとなく有耶無耶のうちに事件を収めたのは仕方のないことであり、そうするよりほかに打つ手はなかった。「自治体」崩壊を防いだ責任者の功績がじわりと効き始めている。

 その代り「信用」というものを根本のところで無くしてしまったことが、これからの教育界にどのような影響をもたらすか深く観察していかなければ、教育の再生など絵空事になってしまう。

 怖いことである。


2017年12月28日木曜日

3  江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想



  江戸川柳 色は匂へ 「は」 母の愛 


母親はもったいないがだましよい


父はうち母は抱きて悲しめば かわる心と子やおもうらん

「𠮟り手の愛」と「抱き手の愛」がうまく絡み合って子供は成長していくといわれるが、なかなかそうはいかない。

 親父は頑固すぎるか無関心、母親は甘やかしすぎるか口やかましい。戦後、新憲法のもとで親の生き方が随分と変わったようにある。

それでも昭和の時代は子供が良く育った。地域のおじちゃんやおばちゃんとの人間関係があった。今、地域の人間関係も、親戚の人間関係も希薄になって子供が上手く育ちにくい時代になった。

 今一度、父の役割や母の役割を考えてみる時期にあるのではなかろうか。

 母親は息子の嘘をたしてやり

 母親もともにやつれる物思ひ

 娘の恋煩いであろうか、母親も娘と同じようにやつれてしまう。
 
 子を思う母親の心情はかなしいまでに透き通ってみえる。良かろうが悪かろうが全てを丸ごと受け入れる受容力が相手の生き方を変えるのを生まれながらに身につけているのが「母の愛」ではなかろうか。


  江戸川柳 色は匂へ 「は」の2 馬鹿亭主


  薪水の労をたすける馬鹿亭主

  薪水(しんすい)の労=飯炊きや水汲み

 今では当たり前の男の家事労働であるが、江戸時代では馬鹿呼ばわりされた。買い物のお供などしようものなら馬鹿亭主、駄目亭主と言われた時代である。

どこへでもくっついて出る馬鹿亭主   そんな雰囲気が残っている地方もある。

あいつだに帰る気ならと馬鹿亭主    惚れています。

もう以後はさせやるなよと馬鹿亭主   歳の差がありすぎかな

またもとのさやへ納めるばかてい主   お前ほどの女はいない

  結局のところ、惚れているだけのことです。

 江戸時代にあってやがて来る民主社会を先取りして、男女共同参画の生き方を実践した
愛すべき馬鹿亭主たちである。馬鹿亭主大いに結構、結構。






  いろはカルタ 「は」 江戸と上方


花より団子(江戸)

『風流より実利のほうが良いということ。』

花より団子といわれると、私は江戸文学、好色五人女を思い出す。

 一六八六年、西鶴四十五歳の作品である。テーマをキーワードで言うならば、「人間の愛欲」ということになろう。

 江戸時代の封建制の確立した世界で、義理と身分制度に押しつぶされてきた庶民が、その枠を超えて人間の本能的な欲望を拡大していこうとする社会で「花より団子」の考えが方向づけられた。

 現代の人が受け取る「花より団子」とは、少しばかり意味合いが違うようである。
 花より団子の思想は、一面では人間の解放に役立ってきたが、度が過ぎると人間性そのものを崩壊させていくことになる。


針の穴から天のぞく(上方)

〖小さい見識を持って、大きい物事に臨むこと。〗

 小さい見識の人の方が、大きな立派な見識を持っている人よりも大きな悪さをしない傾向にあるようだ。

 見た目では見識もあり、学歴もあり、生活態度も非の打ち所がない人が、急に変身してしまうことがある。特に、政治家や公務員にそのような人を見る。

 昔から、お役人と言われる人は、権力に近づいたり、権力を手に入れたりすると人柄ががらりと変わり見識も何もあったものではない。ダメ人間になっていくのが不思議である。権力はそれほどの魔力を持っているのであろう。

 見識の高い人は物事の本質や人の心を見抜く力があるので、権力にふさわしい思考や判断を何の苦も無くやってしまうのであろう。公私の区別をなくし自分の都合で判断し決断をしていく。

 人はみんな、「針の穴から天をのぞく」ことぐらいしかできないのかと思ってしまう。

2017年12月18日月曜日

2 江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想 
    
   江戸川柳 色は匂へ 「ろ」 論語とニキビ 

 足音がすると論語の下へ入れ



今も昔も同じ情景が目に浮かぶ。江戸の学習の基本は論語である。人の生き方を学ぶにはもってこいの教科書である。現代にも十分に通用する内容で満ちている。

学習を始めたころは素直に勉強に取り組んでいただろうが、年月が過ぎてニキビの目立つ年ごろになると論語の勉強をしながら、論語とは正反対のことに関心を持ち、走ってしまう。

足音を聞きつけて急いで、論語本の下によからぬ本を隠してしまう。このような態度を取りながらも親の意見を聞く間は可愛いものである。

青年期を過ぎて家庭を持てばソレなりに確りと生きていくようになる。



  いろはカルタ随想 「ろ


  論より証拠(江戸)

 『物事を明らかにするには、議論するよりも証拠を示したほうが早い。』

 現代人は、「論も証拠もくそくらえ」と生きていく人間が目立つようになった。「記憶にございません」と、徹底的に白を切る。そして、いよいよ証拠を突きつけられると、「それがなんじゃ」と開き直る。

 ずっと以前、万引きで補導された女子中学生のバックの中からタバコやコンドームが出てきたが、「私にはなんら関わりがありません。ただ持っていただけです。」と言い通したそうである。

 まさに、汚職政治家や汚職官僚と非行少年の思考パターンはおなじである。

 論より証拠と真剣に議論していた過去の人たちが懐かしく、純粋に思えてならない。


   論語読みの論語知らず(上方)

 〖書物を読んで、言葉の上では理解するが少しもこれを実行できないこと〗

今は、「論語読まずの論語知らず」の時代になった。

社会の指導的立場にある人でさえ論語はもより道徳や人生観、哲学についての関心が薄れて、政治、経済といった実利のほうに目を向けて富や権力を志向する力が強い。

 政治、経済の根底に確かな道徳や人生観が貫かれていなければならないのに、それが欠落しているところに問題がある。

 論語の思想は「人間は、自分の努力によって向上しなければならない。人間は学問・教養を積み重ねることによって人格を磨き上げるのを怠ってはいけない。」ということになる。

 この理念が見失われた社会のありようがまさに「論語読みの論語知らず」の現代社会の論より証拠である。
 
「論語読まずの論語知らず」から、せめて「論語読みの論語知らず」にバージョンアップして、生き方の根本に立ち返らなければならない。

 




 

2017年12月13日水曜日

1 江戸川柳 色は匂へ & いろはカルタ随想 

   「い」 言名付 

言ひなづけたがいちがいに風を引き


 日本国憲法のもと、結婚の自由が認められ、親の関与が小さくなり当人同士の意思が尊重されるようになった。江戸時代は親の関与が強く、当人たちに関係なく親たちが決めてしまうことが多くあった。

 「たがいちがいに風邪を引く」ような言名付の関係であれば親の方も心配することはあるまい。

 私の知る限りでは、昭和30年代の初めまで言名付という風習が残っていた。同期の男が私の知るただ一人の言名付であった。

 女性の方に男ができて、「駆け落ち」をしてしまった。親たちは二人を取り押さえるために要所に見張りを立てた。駆け落ちの二人は、別々に男は船で女は汽車で示し合わせた目的地へ向かった。

 見張りに立った人たちは「駆け落ち」イコール二人と思い込んでいたために取り押さえることに失敗した。

 昭和の30年代に近松門左衛門の道行きを見るとは思いもよらなかったことである。


  「い」の2 医 者

 もりあてた医者はほどなく痛み入り

 もりあてる=まぐれ当たりのこと

薬の調合がまぐれ当たりで治癒した時は、感謝され礼を貰うときは痛み入るだろう。なんて思ってしまう。

 よい後家が出来ると咄す医者仲間   (よほどの美人だろう。ありそう。)

 仲人にかけては至極名医也      (本職そっちのけ。まあいいか。)

 上手にも下手にも村の一人医者    (しょうがねえ、いないよりいいよ。)


  いろはカルタ随想 「い」


   犬も歩けば棒にあたる(江戸)

 『犬も出歩くから棒で打たれることもある意で、しなくてもよいことをするからとんだ目に遭うこと。また、何かしているうちに偶然うまいことにぶつかることもある。
という二説がある。』

今は昔、ある用事で北浜停留所から大分行きの特急通勤バスに乗ったことがある。
 私の前の座席で県庁勤め風の中年男性が二人で話していた。

 「お役所仕事というものは、仕事をやりすぎても、仕事をしなくてもいけない。するがごとくしないがごとく、宮仕えとは難しいですなあ」

 もう五十年も以前の話だから、行政改革の厳しい現在はこんな夢のような話はあるまい。

 出るくいは打たれる。出すぎたくいは打たれない。出ないくいは腐る。うまいことを言うもんだ。



   一寸先は闇(上方)

〖将来のことはまったく予測できないものだということ〗 

 三日先知れば長者とは、よく言ったものである。インサイダー取引なら三分先に知れば長者というところか。
 人の浮き沈みは分からないもので、昨日まで羽振りよく生活していた人が、突然夜逃げをして蒸発してしまう。
 おまけにどじな泥棒がいて、夜逃げした家に空き巣に入り捕まったりして本当に一寸先は闇である。

 情報化社会の現代は、多くの問題をかなり予測できるようになったが、それでもなお一寸先は闇の部分が人生の重要事において多くある。

 人間には、二通りの生き方があるようで。先のことは分からないから現在の享楽に身を任せて浮かれて馬鹿になって生きていくか、先のことが分からないから最後まで勝負を捨てないで人生を踏ん張りぬくか。


 一寸先は闇をどう受け止めるかで人間の行動が大きく変わっていく。